自分で整備工場まで車を持って行くと安くなる

Choices Article

自分で整備工場まで車を持って行くと安くなる

車検費用は点検内容や割引サービスを検討しましょう…

READ MORE

日頃のメンテナンスをおこなっておけば整備費用は下がる

家計に優しい!車検代を安く抑えるコツ マイカー…

READ MORE

車検費用は点検内容や割引サービスを検討しましょう

車検は国が定める自動車の検査のことで、自動車を安全に走行させるため2年に1回または、新車時初回は3年に1回、必ず検査を受けます。車検は車検基本料と法定費用に大別されます。車検基本料は検査点検料と申請代行料です。また法定費用は自賠責保険料、自動車重量税、印紙代です。
一般に車検はディラー、車検専門フランチャイズ、カー用品店、ガソリンスタンド、民間車検工場で受けます。法定費用はどこで受けても同額な費用ですが、検査点検費用や申請代行の手数料は変わってきます。検査点検費用は法定点検56項目を基本として費用の安さや、検査の速さまた安心、安全補償を売りにしたタイプがあります。当然整備内容が増えれば高くなります。また申請代行の手数料が無料のところもあります。
こういった検査費用のタイプや割引サービスとして早割り、インターネット予約、優良ドライバー割引などは一般に車検専門フランチャイズ、カー用品店、ガソリンスタンドなどで見受けられます。
ディーラー車検の場合は、最新のコンピュータシステムでのチェックや車検に対する高い技術のもとでチェックするため、部品交換の点数が多くなり、他の車検場と比べると高くなります。しかし扱いなれた車種を点検することなど安心と安全は間違いなくNo.1です。車検を受ける場合、安心、安全を選択するかコストパフォーマンスを優先するかで費用は変わってきます。

車検に掛かる費用とできるだけ安くするコツ

車検を受けるためには、少なくても法定費用、車検代行手数料、それと自動車税納税証明書の用意が必要です。法定費用には、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代がありますが、これらは環境対応車などの車種や経過年数により料金が決まっていて、どこのお店でも同じです。車検代行手数料は、どこにお願いするかによって異なってきますので、複数のお店に見積を取ることをお勧めします。
車検をお願いする時に、自宅まで車を取りに来てもらったり、代車を借りたりすると手数料が掛かることがあります。その時はお店まで乗って行って、車検が終わったら取りに行くようにすると、費用を抑えることができます。あと、車検の1ヶ月以上前など、早期に予約をすると割引がある場合もありますので、車検の時期が近づいてきたら早めの準備をするようにしましょう。
もし、普段定期的に点検をしていない車や年数の経過した車に乗っていて、今後も乗り続けようと考えている場合には、24ヶ月点検整備を受けることも検討してみてください。過剰な整備は不要なのですが、交換時期の部品を点検整備と一緒に交換すると技術料をサービスしてくれることが多く、結果的に費用を抑えることができますよ。

Copyright(C)2018 車検の手数料を抑える時に覚えておきたい業者選びの方法 All Rights Reserved.