日頃のメンテナンスをおこなっておけば整備費用は下がる

Choices Article

車検では部品交換を必ずしないといけない訳ではない

車検代を安くしたいなら内訳を確認しよう 車検の…

READ MORE

自分で整備工場まで車を持って行くと安くなる

車検費用は点検内容や割引サービスを検討しましょう…

READ MORE

家計に優しい!車検代を安く抑えるコツ

マイカーを持っていると非常に便利ではあるのですが、維持費がかかるのが難点ですよね。特に車検は大きな出費になるので、案内が届いた時は溜息が出る人も多いのではないでしょうか。しかしながら車検というのは法律で決められたものですので必ず受けなければなりません。車検費用をいかに安く抑えるかを考え、なるべく家計に負担をかけないようにしたいところです。
さて、車検の内訳を簡単に説明すると、車検基本料と法定費用とに分けられます。車検基本料には24ヶ月点検整備検査代や代行手数料などが含まれ、法定費用には重量税、自賠責保険料、印紙代などが含まれています。ちなみに印紙代とは国、及び自動車検査独立行政法人に支払う検査手数料のことです。どこで車検を受けても法定費用は変わりませんので、安く済ませるには車検基本料の部分でコストを下げるしかありません。
ディーラーにお願いするとマニュアルに沿って完璧な点検を行なってくれますが、その分費用がかかってしまいます。ガソリンスタンドやカー用品店では点検が不要な部分を省くことが可能なので、その分安く済ませることができます。見積もり時に必要最低限の箇所だけ点検を依頼し、早期予約割引と合わせるとディーラーよりも10万円ほど安く済ませることもできますよ。不必要な交換は避け、本当に必要な点検だけ受けるようにしましょう。

車検費用の割引!検査代行手数料は早期予約で下げる!

車検は自動車を維持する上で必要な検査であるものの、新車登録の場合は3年、それ以降は2年毎のペースで行うことになります。そのため、定期的に高額な維持費用が発生し、少しでも車検費用を下げたい人は多いはずです。最近では、ディーラーや民間整備工場、カー用品店で車検を受けるだけでなく、ユーザー車検という手段があります。
そもそも、車検は高額な費用が掛かるものの、その多くが固定費用であり、車検代を少しでも下げるためには変動費用である、整備費用や交換部品代、そして依頼先に支払う検査代行手数料になります。交換部品代は、サードパーティー製の部品を使ったり、中古部品を使う、割引が適用される時に部品を調達することで費用は下げられます。そして、整備費用は日頃のメンテナンスを行うことで発生を下げることが可能です。
しかし、検査代行手数料は依頼先によりまちまちであり、相場を把握することが重要です。さらに、相場だけでなく早期予約をすることで下げられる要素があります。検査代行手数料は同時に複数台の車検を行うことで手続きに掛かる労務費用が削減できることになります。そのため、少しでも車検費用を効果的に下げたいという場合は検査代行手数料の安い業者を選んだり、割引が適用されるかがポイントです。しかも、性能や安全性に直結しない費用であり、安心することも可能です。

Copyright(C)2018 車検の手数料を抑える時に覚えておきたい業者選びの方法 All Rights Reserved.