車検では部品交換を必ずしないといけない訳ではない

Choices Article

車検では部品交換を必ずしないといけない訳ではない

車検代を安くしたいなら内訳を確認しよう 車検の…

READ MORE

自分で整備工場まで車を持って行くと安くなる

車検費用は点検内容や割引サービスを検討しましょう…

READ MORE

車検代を安くしたいなら内訳を確認しよう

車検の時期が来るたびに戦々恐々とした思いが巡る、という方は決して珍しくないでしょう。一度の車検で10万円以上のお金が飛んでしまうこともあり、複数台所有している車の車検時期が重なると家計にとっては大打撃では済みません。そんな車検の費用を少しでも安く済ませたいのであれば、車検費用の内訳を知っておく必要があります。一般的には車検を点検業者やカーショップに依頼する人がほとんどでしょうが、この際、どの業者に依頼しても変わらずにかかる費用があります。
自動車重量税や自賠責保険料等は法定費用であり、いわば車検における固定された手数料です。この手数料は、どのような手段を使っても安くすることは出来ません。点検費用に関しては業者によって異なりますし、点検項目に関しても業者や車検プランによって異なります。車検で必ず確認しなければならない保安基準を確認するだけの車検プランにすれば、車検費用が安く済ませられる可能性があります。
また、車検に伴って、部品交換等をしなければならないこともあります。これに関しても、保安基準を最低限満たしていれば必ず交換する必要性はないので、部品交換を断ればその分の値段が安くなるでしょう。ただし、ブレーキパッド等の「最低限」だけでは不安な部品に関しては交換した方が良い場合もある為、ケースバイケースです。自分がどこまでの車検を行いたいかを確認して、なるべく車検代を安く済ませましょう。

車検を安く済ませたいなら時期を見極めよう

車を持っているのであれば、必ず受けなければいけない恒例行事とも言えるのが「車検」です。車検の手数料は決して安くはないですが、車検を行わなければ車に乗り続けることが出来ない為、避けて通ることは出来ません。絶対に行わなければいけない車検。それならば、少しでも費用を安く抑えたいと思うのは当たり前ですよね。そこで、車検を受ける際にその「値段」に注目するのは当然ですが、混雑具合や業者の都合も考えて車検を受けるようにしてみましょう。
例えば、直接車を自分自身で車検する「ユーザー車検」は全国の運輸支局で行うことが出来ますが、このユーザー車検には閑散期と繁栄期があります。車検の時期は車を購入してから2年、あるいは3年である為、単純に言えば「車を買う人が多い時期」には非常に込み合います。このような理由から、車を購入する人が多い3月付近の車検は一般の点検業者における車検も込み合う傾向にあります。
ただし、3月というのは一般の企業であれば決算の時期でもある為、少しでも利用者を取り入れようと格安料金で車検を行ってくれる業者も存在しています。自賠責や重量税等、車検代金に含まれる手数料は割引になることはありませんが、そのような業者を利用すれば車検費用を安く済ませることが可能です。車検の時期と業者の様子を見極めて、少しでも車検費用が安い時期に車検を行うようにしましょう。

Copyright(C)2018 車検の手数料を抑える時に覚えておきたい業者選びの方法 All Rights Reserved.