費用が気になる人は相見積もり

Choices Article

費用が気になる人は相見積もり

車検にかかる費用を安くするコツ 公道で車を走ら…

READ MORE

車検では部品交換を必ずしないといけない訳ではない

車検代を安くしたいなら内訳を確認しよう 車検の…

READ MORE

車検にかかる費用を安くするコツ

公道で車を走らせるには法律で決まった車検を通過しなければならず、2年に1度の車検でそれなりの費用を支払うことになります。ですが、多くの人が車検の費用は10~15万円程度はかかると考え、詳しい内訳を知らないまま高い費用で依頼しているようです。
実は車検費用には法定費用と整備代の2つの料金が必要で、法定費用はどこで受けても違いはでませんが、部品交換などが含まれる整備代は依頼する場所によって違ってきます。法定費用は重量税と自賠責保険料、検査手数料の3つで決まっているため、車両の大きさなどで多少の差はありますが、5万円前後を目安にしておけば問題ありません。対する整備代は車検をする際に部品交換が発生するため受ける場所によって2万円や8万円など、実に幅のある料金が必要になってくるのです。
多くの人がディーラーや車検専門のお店を利用していますが、これ以外にも民間の整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドなどで受けることができ、さらに自分で点検を行うユーザー車検という方法もあります。ユーザー車検は法定費用で手数料がかからないので、安さだけを追求するならオススメの方法となります。車の知識がなく自分でやるには不安だと感じるなら、複数社に見積もりを依頼すると良いでしょう。提出された見積書から安い業者を選んで値引き交渉をすると、意外と応じてくれる業者もいるので、上手く活用して費用を安くしましょう。

車検にかかる費用を安く抑えるには

車検は車を所有している方にとっては、義務として実施すべき内容となります。例えば、新車で購入した場合には、3年目、以後2年ごとに車検を実施する必要があります。では、車検にかかる費用はどのような構成で、安く抑えるにはどうすればよいでしょうか。
車検にかかる費用の内訳としては、車検検査料と法定費用の2種類です。車検検査料は、車のディーラー、ガソリンスタンド、カー用品専門店にいらっしゃる専門の担当者が、車を検査する際にかかる費用となります。またこの車検を実施するにあたっては代行手数料という形で気学を支払うこともあります。そして法定費用は、車を所有していることによってかかる費用で、自動車重量税、自賠責保険、及び印紙代ととなります。つまり、法定費用については、車の大きさなどによってあらかじめ決まっているもので、決して値引きをすることはできません。
もし、車検費用自体を抑えるには、車検検査料や手数料を安くする必要があります。車検の検査を安くしたい場合には、車検検査料自体が安いところをお勧めしますが、もし、しっかりと検査も含めて車をチェックしてほしい場合には、ディーラーにお願いするのが無難であると思います。

Copyright(C)2018 車検の手数料を抑える時に覚えておきたい業者選びの方法 All Rights Reserved.